世界のクリスマスパイ


こんにちは。
今日は「おいしい」パイのお話。


もうすぐクリスマスですね。
街に出るとキラキラしたデコレーションやイルミネーションが飾ってあり、見ているだけで心がわくわくしてきます。
今回はこの季節にぴったりな、世界のクリスマスに食べられているパイのご紹介です。

まず1つ目はイギリスの「ミンスパイ」。

クリスマスに食べるミンスパイはイギリス国民にとって欠かせないお菓子。
ミンスパイは香辛料や砂糖で甘く煮たドライフルーツ、りんご、ナッツ等をパイに入れ、上から星形に模ったパイ生地をのせて焼くのが一般的です。

かつてはひき肉とドライフルーツに香辛料と甘みを加えたものをパイ生地で包み、ゆりかごに見立てていました。
そこへイエス・キリストを表す小さな像を入れ、キリストの誕生日を祝っていたそうです。
よって今でも、ミンスパイ=ひき肉のパイと呼ばれているそうですよ。

甘くてスパイシーなドライフルーツと、さっくりした一口サイズのパイなので何個でも食べることができそうですね~!
紅茶や甘口のワイン、ブランデーなどとも相性バツグンです。

次は「ヨウルトルットゥ」。

日本ではあまりなじみのないパイですが、フィンランドのクリスマスに子どもから大人まで家庭で食べる、定番のパイです。

ヨウルは「クリスマス」、トルットゥは「タルト」という意味。
風車や星形のパイの中にプルーンのジャムが入っています。

バターの濃厚な香りがするパイと、しっとりとしたプルーンの素朴な甘さが食欲をそそります。
プルーンだけではなくブルーベリーやストロベリーのジャムでも代用できますよ!

クリスマスの時期に食べる特別なパイ。
大切な人たちと一緒に食べてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です