世界のクリスマスパイ

こんにちは。
今日は「おいしい」パイのお話。


もうすぐクリスマスですね。
街に出るとキラキラしたデコレーションやイルミネーションが飾ってあり、見ているだけで心がわくわくしてきます。
今回はこの季節にぴったりな、世界のクリスマスに食べられているパイのご紹介です。

まず1つ目はイギリスの「ミンスパイ」。

クリスマスに食べるミンスパイはイギリス国民にとって欠かせないお菓子。
ミンスパイは香辛料や砂糖で甘く煮たドライフルーツ、りんご、ナッツ等をパイに入れ、上から星形に模ったパイ生地をのせて焼くのが一般的です。

かつてはひき肉とドライフルーツに香辛料と甘みを加えたものをパイ生地で包み、ゆりかごに見立てていました。
そこへイエス・キリストを表す小さな像を入れ、キリストの誕生日を祝っていたそうです。
よって今でも、ミンスパイ=ひき肉のパイと呼ばれているそうですよ。

甘くてスパイシーなドライフルーツと、さっくりした一口サイズのパイなので何個でも食べることができそうですね~!
紅茶や甘口のワイン、ブランデーなどとも相性バツグンです。

次は「ヨウルトルットゥ」。

日本ではあまりなじみのないパイですが、フィンランドのクリスマスに子どもから大人まで家庭で食べる、定番のパイです。

ヨウルは「クリスマス」、トルットゥは「タルト」という意味。
風車や星形のパイの中にプルーンのジャムが入っています。

バターの濃厚な香りがするパイと、しっとりとしたプルーンの素朴な甘さが食欲をそそります。
プルーンだけではなくブルーベリーやストロベリーのジャムでも代用できますよ!

クリスマスの時期に食べる特別なパイ。
大切な人たちと一緒に食べてみてはいかがでしょうか。

あつあつのパイを召し上がれ♪

こんにちは。

本日は“おいしい”パイについてのお話です。

12月に入り、本格的な冬の寒さの訪れにブルブルと震えてしまう今日この頃。

毎年、この季節になると私の大好きなパイが期間限定で発売されます。

そのパイとは、

“ケンタッキーフライドチキンのポットパイ”。

熱々のシチューにさくさくとパイを崩して一緒に食べる“ポットパイ”は

どんな寒い日でも食べた人をほっこりとさせてくれます。

 

ちなみにそんなKFCが発売する2017年の“ポットパイ”は

『チキンクリームポットパイ』。

今年のポットパイはKFC自慢のチキンと北海道産のじゃがいも、

コーン、にんじん、たまねぎを贅沢に使ったクリームシチューに、

サクッとしたクッキー生地風のパイを崩して食べる、

北海道のおいしさが詰まったボリュームたっぷりな商品。

KFCと言えばフライドチキンというイメージが強いですが、

このシリーズ、実は1996年から発売されており、

冬だけにしか楽しむことのできない季節限定商品として

10年以上も多くのファンに愛され続けてる隠れ人気商品なのです♪

 

今年もやってきたKFCのポットパイ。

この冬はKFCのフライドチキンとともに熱々のパイ料理を召し上がれ♪

≪商品情報≫

■商品名:「チキンクリームポットパイ」
■税込価格:590 円
■発売日:2017 年 11 月 23 日(木)
■販売店舗:全国のKFC店舗
※数量限定のため無くなり次第、販売を終了
※一部販売しない店舗あり

パイの役割と魅力

日本パイ倶楽部 理事の門上です。

パイという言葉を聞くと、何故かスイーツより料理を思い浮かべてしまうのです。
とくにフランス料理では、パイが多用されます。
その役割は、中身の温かさや香りを閉じ込めるというものがあります。
また器として考えるものもあります。そして料理の一部として一緒に食べるというのがあるのです。

これからの季節は、パイ包み焼きがメニューに登場します。
わたしが最近食べた中でもっとも鮮烈な印象を与えてくれたのは、和歌山にあるレストラン「オテル・ド・ヨシノ」の手島純也シェフが作ってくれた本州鹿のパイ包み焼きでした。

このメニューは、パイの中にある鹿肉の温度・香りを閉じ込めるものでした。
と同時にパイ生地もソースと一緒に味わってもらいたいのです。
まずは視覚的なインパクトが必要です。
サイズもあるのですが、私がもっとも気になるのは焼き色です。
うっすら茶褐色というのは、食欲を刺激することはありません。
やはりガツッと焼き色がついてこその料理です。
この茶褐色の色合いと香ばしさは、メイラード反応といって人間がおいしさを感ずる重要な要素の一つなんです。
その条件を見事に満たしてくれた手島シェフのパイ包み焼きには魅了されます。

 

もちろん提供されるときにはカットされ、濃厚なソースが付きます。
中には鹿肉とフォアグラが同居しています。
ソースは鹿の内臓と血液から作られたものです。
まさにフランス料理が持ち続けてきた伝統を美しく現代に蘇らせた逸品です。

ここで食べる度に、フランス料理の歓びを感じるのです。

「オテル・ド・ヨシノ」
和歌山県和歌山市手平2-1-2 和歌山ビッグ愛 12F
073-422-0001

<プロフィール>
門上 武司
日本パイ倶楽部 理事

1952年 大阪生まれ
フードコラムニスト
料理雑誌『あまから手帖』編集顧問

偶然生まれたタルト・タタン

こんにちは。
本日はおもしろいパイのお話。
現在、世界中で愛されているタルト・タタンがどのような経緯で誕生したかをご紹介したいと思います。


「タルト・タタン」とは、砂糖とバターでキャラメリゼしたりんごを型に敷きつめ、その上からパイ生地をかぶせて焼いたフランスの伝統的なお菓子。
焼きあがったら型をひっくり返して、りんごの部分を上にして食べます。

洋菓子店はもちろん、レストランのデザートや家庭料理として広く親しまれているタルト・タタンですが、始まりは失敗から偶然生まれたお菓子だったんです!
今日はそのお話を…

19世紀後半、フランスのラモット・ブーヴロンに、タタンという名の姉妹が小さなホテルを経営していました。

ある時、タタン姉妹はりんごのタルトを作りましたが、型の中にりんごと砂糖、バターだけを入れて焼いてしまい、うっかり生地を入れ忘れてしまいました。
慌てて、焼く途中で上から生地をかぶせてみたら、意外にも底にたまった砂糖がキャラメル状になってりんごに染み込み、おいしそうなお菓子が出来上がっていたのです。
そのお菓子をホテルのお客様に出したところおいしいと大好評で、フランスから世界中へと広まり、それ以来タタン姉妹が作ったタルトということで、タルト・タタンと呼ばれるようになりました。

このタルトを作ったタタン姉妹のホテルは、今でもラモット・ブーヴロンにオテル・タタン(HOTEL TATIN)という名前で残っているのですよ。

もちろん、ここではタタン姉妹が生み出した元祖「タルト・タタン」を食べることができます!

オテル・タタンのタルト・タタンはりんごそのものの風味を生かすため、りんごすべてをキャラメリゼするのではなく外側だけ軽くキャラメリゼにするのが特徴。
りんごの甘味と酸味、キャラメリゼの苦味のバランスがちょうど良いあっさりとした味わいです。
底のパイ生地はキャラメルがたっぷりとしみ込み柔らかくなったことで、口の中でりんごとバラバラにならず一体感を感じることができます。

本場のタルト・タタン、フランスに旅行に行った際はぜひ食べてみたいですね!

パイで美味しくお祝い

こんにちは。
今日は楽しいパイのお話。

突然ですが皆さん、お祝いの場にパイ料理を作ったや提供されたことはありますか?

私事ですが、先日、祖父母が金婚式を迎え、お祝いパーティーを私達孫が主催することになりました。
日本で金婚式を迎える夫婦は全体の30%に満たないんだとか…。
そんなおめでたいパーティーをお願いするレストランと話を進めていくうちに、「冬だし、艶があるパイは金色に見えるし、パイを出すのはどう?」という話に。
そこで調べていくとたくさんのアイデアがありましたので、皆様にご紹介します♪

『まずは定番!めで鯛パイ』

デパ地下などでたまに見かける、インパクト大のパイ!
フィリングはリンゴやマロングラッセ、アーモンドクリームやつぶ餡などさまざま。
お魚などいろいろな形にできるのもパイならでは!
可愛らしく、楽しいアイデアですよね♪

 

『特別感倍増!文字入りパイ』

先日もご紹介した「パイアート」
文字を入れたら特別感がありますよね!
中身もいろいろとアレンジできるのがポイントです。
このパイを使って、パイ入刀してもらうのも楽しいかも♪

 

『やっぱり金☆ゴールデンパイ』

今回は金婚式ということで、テーマカラーはもちろん金!
中身はレモンやパンプキンにして、金箔を貼って豪華にするのもアリですね。
おめでたい金箔はお祝い事には持ってこい!です。


こちらは栃木の老舗お菓子屋さん、蛸屋総本店の金箔アップルパイです。
さすがは栃木、豪華絢爛な日光東照宮を思い起こすような素敵なパイですね。

 

おめでたい場で皆で食べる大きなパイは格別!
我が家の金婚式パーティーは金箔パイにしようと思っています♪

“お祝いパイ”、ぜひお試しください!

*紹介店舗
店名:御菓子司 蛸屋総本店
住所:栃木県小山市本郷町2-8-26(本店)
電話:0285-22-0755
URL:http://www.takoya.co.jp/

伝説の苺のミルフィーユが復活!

こんにちは。
本日は「おいしい」パイのお話です。

最近、パイに関する記事を読んでいると、ふと気になるパイニュースを見つけました。
それは、銀座の伝説のスイーツがひっそりと復活していたという記事。

その伝説のスイーツとは、「マキシム・ド・パリ」の“苺のミルフィーユ”。

「マキシム・ド・パリ」とはパリの老舗レストラン「マキシム」を再現したレストランとして、1966年に東京・銀座に開店。
本格フランス料理の先駆け的存在として人気を博し、2015年の閉店まで約50年もの間、銀座のシンボルとして君臨し続けた名店でした。

そんなお店の看板商品であった“苺のミルフィーユ”は、さくさくのパイ生地でたっぷりのカスタードクリームをはさみ、大粒のイチゴが載ったゴージャスなミルフィーユ。

2015年に「マキシム・ド・パリ」の閉店が決まった際には、“苺のミルフィーユ”を求め全日予約で埋まり、ケーキショップでも品切れが続出する等、多くのファンが殺到。

閉店から2年が経った今でもインターネット上で復活を望む声が多く、今でも多くの人にとって忘れられない味として記憶に残るスイーツです。

今回、そんな伝説のスイーツを復活させたのは、GINZASIX内の店舗「THE GRAND GINZA」。

「THE GRAND GINZA」では銀座の価値ある 文化を紡ぎ発信していくことを使命に「復活メニュー」を企画。
絶大な人気を誇った逸品“苺のミルフィーユ”に狙いをつけ、2017年の9月上旬に伝説のミルフィーユを復活させました。

再現するにあたって「マキシム・ド・パリ」の初代パティシエである植村シェフも、この企画に賛同しレシピを全て公開。

実際の作り方から口金のサイズに至るまで事細かに指導し、2017年6月から販売開始間際の9月までかかりようやく当時の味に限りなく近い「苺のミルフィーユ」が完成したのだそうです。

そんな、当時の味を忠実に再現した伝説のミルフィーユのお味は、ナッツの香りを纏ったサクサクのパイ生地と甘すぎないカスタードクリーム、そして苺の美味しさが一体となって口に広がり、セットのシャンパンとの相性も抜群な上品さを感じるミルフィーユ。
銀座のケーキの王様と呼んでも過言ではない逸品です。

販売開始のニュースを聞きつけ、早くも多くのファンが“苺のミルフィーユ”を求めてやってきており、「これが食べたかった!」「待っていました」など喜びの言葉が多く、今後はテイクアウトも視野に入れながら、展開するとのこと。

ぜひ皆さまも銀座を訪れたときには、「THE GRAND GINZA」で銀座の伝説のスイーツを堪能してみてはいかがでしょうか。

<商品情報>
「苺のミルフィーユ」
価格:単品 1,200円
ドリンクセット 2,000円
シャンパンセット 2,500円
(税・サービス料別)

<店舗情報>

店名    :THE GRAND GINZA
所在地   :〒104-0061東京都中央区銀座六丁目10番1号GINZA SIX13階
電話番号 :03-6280-6129
営業時間 :11:00~23:30(L.O 22:30)
事業内容 :レストラン・ウェディング・パーティー・MICE
HP :http://www.grandginza.com/
Instagram :@the_grand_ginza
https://www.instagram.com/the_grand_ginza/

 

もはやアート!美しく華やかなパイ

こんにちは!
今回は簡単なパイのお話。
芸術の秋にピッタリな「パイアート」をご紹介です。

パイアートとは、パイ生地を切って編みこんだり型抜きしたものをパイに可愛らしく飾りつけたもの。
ワンパターンになってしまいがちなパイに、ひと手間加えるだけで豪華な見た目のパイができるんです。

「パイアート」というと手が込んでいて難しそうに見えますが、意外と簡単!
作り方としてはまず、アップルパイやかぼちゃパイ、ミートパイ等の土台となるパイを作ります。
そこに、パイアートの要となる飾りを作ってのせて焼くだけで完成です。

パイアートはアレンジ無限大!
だから自分だけのオリジナリティ溢れる芸術的なパイを作ることができます。
ここではいくつかのアレンジをご紹介します。

まずは最も簡単にできるクッキーの抜き型を使ったアレンジ。
実はクッキーの抜き型がパイアートには大活躍なんです!
そのアレンジ方法とは、パイ生地をクッキーの抜き型で花や葉っぱの形に抜いて飾るだけ。
たったそれだけで、華やかな雰囲気をパイを演出することができます。

もし、クッキーの抜き型がなくても大丈夫。
細長く切ったパイ生地を三本作り、三つ編みにします。
それをパイの上に何本ものせるだけでもおしゃれな三つ編みパイが焼けますよ。

また、少し手間はかかりますが赤く色づけした薄切りリンゴをクルクルと巻いて薔薇を作り、パイで作った三つ編やリボン、葉っぱ、花で豪華に盛り付けてれば花束ような可愛らしいアップルパイも作れちゃいます。
プレゼントにもぴったりなパイアートの出来上がりです!

難しそうなのに意外と簡単に作ることができる、パイアート。
休日などにご家族や友人と一緒に作ってみるのも楽しいかもしれませんね。
ぜひ、一度挑戦してみてはいかがでしょうか!

侮れない!ファストフード店のパイ

こんにちは。

だんだんと風が冷たく感じる日が増えてきた今日この頃。

本日はおいしいパイのお話!
手軽に熱々パイが楽しめる!ファストフードのパイをご紹介☆

待望の復刻!
マクドナルドの「○ー○ン○○○○イ」

サクサクのパイの中に、スモーキーなベーコン、ホクホクのポテト、オニオンなどの具材がたっぷり入ったマクドナルドの人気のパイが今年も期間限定で登場。
とろ~りクリーミーでホクホク食感と味わいは、心も体も温まる、この季節にぴったりの商品です。
その名も、「ヘーホンホヘホハイ(ベーコンポテトパイ)」!
なんと、正式名称なんです!

熱々のベーコンポテトパイを頬張っている人に一言、
「何食べてるの?」
「ヘーホンホヘホハイ!」

そんな会話を想像してしまいますね!
ネーミングはとっても変わっていますが、熱々パイを楽しく表現出来ているのではないでしょうか♪

ネット上では、「ヘーホンホヘホハイ」と頼んで良いのか、店員は何と言うのかで大盛り上がりのよう。
正式名称が「ヘーホンホヘホハイ」ですが、「ベーコンポテトパイ」でも注文できるのでご安心を☆

ベーコンポテトパイ
販売店:全国のマクドナルド
価 格:税込150円
期間限定:10月4日(水)~未定

 

ファーストフードのパイと言えばやっぱりコレ♪
ミスタードーナツの「エビグラタンパイ」

「ドーナツが食べたくて」、「甘い匂いに誘われて」、「100円セールをしていて」…と、ついつい買いすぎてしまうミスタードーナツ。
そんなとき、甘いものだけでなくしょっぱいものも!と人気の惣菜メニュー。
中でもエビグラタンパイはコクのあるグラタンソースにプリッとしたエビやマカロニ、カラフルな野菜が入っている人気の定番商品☆

ちょうど出来たてが店頭に並べばラッキー!ですが、毎回タイミング良く出来立てに出くわすことはとっても難しいですよね。
そんなミスドパイのオススメはもちろん、温めて食べること♪
店頭で温めをお願いしてもよし、おうちへ持ち帰ってトースターにいれるのもよし!
温め時間もお好みでOK☆
簡単に熱々パイが楽しめます。

エビグラタンパイ
販売店:全国のミスタードーナツ
価 格:税込172円
(レギュラー商品)

この秋温かいパイが急に食べたくなったら、ファストフード店へ立ち寄ってみるのも良いですね♪

Pie de Halloween ★

こんにちは!

本日は「楽しい」パイのお話です。

10月になり、皆さんはあるテーマをコンセプトにした
商品がどんどん増えていることにお気づきでしょうか。

そのあるテーマとは……
「ハロウィン」!!!!

今まであまり日本人に親しみのなかったハロウィンですが、ここ数年でその言葉を耳にすることが急激に増えました。
この記事を読んでくださっている方の中にも仮装やかわいいハロウィンスイーツを購入し、ハロウィンを満喫する予定の方がいらっしゃるのではないでしょうか。

仮装して外で楽しむハロウィンも良いけれど、お家でみんなで楽しむハロウィンはきっともっと楽しい!
と、いうことで、今回のブログはハロウィンパーティにぴったりなパイを使用したハロウィンレシピをご紹介したいと思います。

【ハロウィンにミニパンプキンパイ】

■用意するもの■
かぼちゃ       1/4(200g)
バター        10g
砂糖         大さじ2
生クリーム      大さじ1~2
冷凍パイシート    2枚
溶き卵        適量

①かぼちゃをカットし、電子レンジで4分程加熱し、柔らかくします。

②バター、砂糖、生クリームを加え、潰していきます。

③事前にオーブンを200℃に余熱します。

④冷凍パイシートを薄く伸ばし、9等分にカットします。
(同じ工程をさらにもう1枚)

⑤カットした9枚のパイシートをジャックオーランタンの顔型に抜きます。
(※市販の型等を使用すると便利です。)

⑥生地に(1)を乗せ、(5)をかぶせたら、端をフォークで貼り合わせ、溶き卵を塗っていきます。

⑦200℃で15分程焼成すれば完成です。

※引用元:Cpicon ハロウィンに ミニパンプキンパイ by エブリデイキッチン

このレシピを応用して中身をかぼちゃだけでなく、お肉のフィリングに変えたり、形をかぼちゃ以外の形に変えることで、色んなハロウィンパイを作ることができますよ。

2017年はお家に友達を呼んで仮装しながらのハロウィンパーティ。
ぜひぜひ、皆様も挑戦してみてはいかがでしょうか♪

 

さく・ふわ・とろ~りスフレパイ

こんにちは!

今回は「おいしい」パイのお話。

9月も今週で終わりですね。
肌寒くなり、街ゆく人の服装の変化で本格的な秋の始まりを感じます。
そんな季節には、体が温まるパイが食べたくなりますよね。

ご紹介するのは「カフェ ブーケ」で食べることができる「スフレパイ」。
スフレパイとは、サクっとしたパイに泡立てたふわふわのスフレをのせて焼いたもの。
中身は半熟のスフレがあふれ出す新食感のパイです。
口の中でとろけるスフレとこんがり焼かれたパイがたまらない一品!
今回は2種類ご紹介します。

1つめは「とろーりモッツァレラチーズのスフレキッシュパイ」。

パリッとしたパイの上にスフレ状のアパレイユをのせたキッシュです。
トマトソースをかけてお召し上がれます。
中には半熟卵が入っており、とろーり伸びるモッツァレラチーズとふわふわのアパレイユが相性バツグンです!

2つめは「ダブルベリーのフランボワーズソース」。

こちらもパイの上にスフレをのせて香ばしく焼いており、中を割ってみると半熟のスフレと果実たっぷりのベリーソースが入っています。
温かいサクサクのパイに甘酸っぱいソースがからまり絶品です!

一口で様々な食感を楽しむことができ、見た目も豪華なスフレパイ。
涼しくなってきた今の季節におすすめです。ぜひ、ご賞味ください!

【お店情報】
店名:カフェ・ブーケ ヨドバシ梅田店 (Cafe Bouquet)
電話番号:06-6292-5203
住所:大阪府大阪市北区大深町1-1 ヨドバシ梅田 8F
営業時間:11:00~23:00(フードL.O.22:15 ドリンクL.O.22:30)
定休日:不定休(ヨドバシ梅田に準ずる)