偶然生まれたタルト・タタン

世界のパイ

こんにちは。
本日はおもしろいパイのお話。
現在、世界中で愛されているタルト・タタンがどのような経緯で誕生したかをご紹介したいと思います。


「タルト・タタン」とは、砂糖とバターでキャラメリゼしたりんごを型に敷きつめ、その上からパイ生地をかぶせて焼いたフランスの伝統的なお菓子。
焼きあがったら型をひっくり返して、りんごの部分を上にして食べます。

洋菓子店はもちろん、レストランのデザートや家庭料理として広く親しまれているタルト・タタンですが、始まりは失敗から偶然生まれたお菓子だったんです!
今日はそのお話を…

19世紀後半、フランスのラモット・ブーヴロンに、タタンという名の姉妹が小さなホテルを経営していました。

ある時、タタン姉妹はりんごのタルトを作りましたが、型の中にりんごと砂糖、バターだけを入れて焼いてしまい、うっかり生地を入れ忘れてしまいました。
慌てて、焼く途中で上から生地をかぶせてみたら、意外にも底にたまった砂糖がキャラメル状になってりんごに染み込み、おいしそうなお菓子が出来上がっていたのです。
そのお菓子をホテルのお客様に出したところおいしいと大好評で、フランスから世界中へと広まり、それ以来タタン姉妹が作ったタルトということで、タルト・タタンと呼ばれるようになりました。

このタルトを作ったタタン姉妹のホテルは、今でもラモット・ブーヴロンにオテル・タタン(HOTEL TATIN)という名前で残っているのですよ。

もちろん、ここではタタン姉妹が生み出した元祖「タルト・タタン」を食べることができます!

オテル・タタンのタルト・タタンはりんごそのものの風味を生かすため、りんごすべてをキャラメリゼするのではなく外側だけ軽くキャラメリゼにするのが特徴。
りんごの甘味と酸味、キャラメリゼの苦味のバランスがちょうど良いあっさりとした味わいです。
底のパイ生地はキャラメルがたっぷりとしみ込み柔らかくなったことで、口の中でりんごとバラバラにならず一体感を感じることができます。

本場のタルト・タタン、フランスに旅行に行った際はぜひ食べてみたいですね!