偶然生まれたタルト・タタン

こんにちは。
本日はおもしろいパイのお話。
現在、世界中で愛されているタルト・タタンがどのような経緯で誕生したかをご紹介したいと思います。


「タルト・タタン」とは、砂糖とバターでキャラメリゼしたりんごを型に敷きつめ、その上からパイ生地をかぶせて焼いたフランスの伝統的なお菓子。
焼きあがったら型をひっくり返して、りんごの部分を上にして食べます。

洋菓子店はもちろん、レストランのデザートや家庭料理として広く親しまれているタルト・タタンですが、始まりは失敗から偶然生まれたお菓子だったんです!
今日はそのお話を…

19世紀後半、フランスのラモット・ブーヴロンに、タタンという名の姉妹が小さなホテルを経営していました。

ある時、タタン姉妹はりんごのタルトを作りましたが、型の中にりんごと砂糖、バターだけを入れて焼いてしまい、うっかり生地を入れ忘れてしまいました。
慌てて、焼く途中で上から生地をかぶせてみたら、意外にも底にたまった砂糖がキャラメル状になってりんごに染み込み、おいしそうなお菓子が出来上がっていたのです。
そのお菓子をホテルのお客様に出したところおいしいと大好評で、フランスから世界中へと広まり、それ以来タタン姉妹が作ったタルトということで、タルト・タタンと呼ばれるようになりました。

このタルトを作ったタタン姉妹のホテルは、今でもラモット・ブーヴロンにオテル・タタン(HOTEL TATIN)という名前で残っているのですよ。

もちろん、ここではタタン姉妹が生み出した元祖「タルト・タタン」を食べることができます!

オテル・タタンのタルト・タタンはりんごそのものの風味を生かすため、りんごすべてをキャラメリゼするのではなく外側だけ軽くキャラメリゼにするのが特徴。
りんごの甘味と酸味、キャラメリゼの苦味のバランスがちょうど良いあっさりとした味わいです。
底のパイ生地はキャラメルがたっぷりとしみ込み柔らかくなったことで、口の中でりんごとバラバラにならず一体感を感じることができます。

本場のタルト・タタン、フランスに旅行に行った際はぜひ食べてみたいですね!

パイで美味しくお祝い

こんにちは。
今日は楽しいパイのお話。

突然ですが皆さん、お祝いの場にパイ料理を作ったや提供されたことはありますか?

私事ですが、先日、祖父母が金婚式を迎え、お祝いパーティーを私達孫が主催することになりました。
日本で金婚式を迎える夫婦は全体の30%に満たないんだとか…。
そんなおめでたいパーティーをお願いするレストランと話を進めていくうちに、「冬だし、艶があるパイは金色に見えるし、パイを出すのはどう?」という話に。
そこで調べていくとたくさんのアイデアがありましたので、皆様にご紹介します♪

『まずは定番!めで鯛パイ』

デパ地下などでたまに見かける、インパクト大のパイ!
フィリングはリンゴやマロングラッセ、アーモンドクリームやつぶ餡などさまざま。
お魚などいろいろな形にできるのもパイならでは!
可愛らしく、楽しいアイデアですよね♪

 

『特別感倍増!文字入りパイ』

先日もご紹介した「パイアート」
文字を入れたら特別感がありますよね!
中身もいろいろとアレンジできるのがポイントです。
このパイを使って、パイ入刀してもらうのも楽しいかも♪

 

『やっぱり金☆ゴールデンパイ』

今回は金婚式ということで、テーマカラーはもちろん金!
中身はレモンやパンプキンにして、金箔を貼って豪華にするのもアリですね。
おめでたい金箔はお祝い事には持ってこい!です。


こちらは栃木の老舗お菓子屋さん、蛸屋総本店の金箔アップルパイです。
さすがは栃木、豪華絢爛な日光東照宮を思い起こすような素敵なパイですね。

 

おめでたい場で皆で食べる大きなパイは格別!
我が家の金婚式パーティーは金箔パイにしようと思っています♪

“お祝いパイ”、ぜひお試しください!

*紹介店舗
店名:御菓子司 蛸屋総本店
住所:栃木県小山市本郷町2-8-26(本店)
電話:0285-22-0755
URL:http://www.takoya.co.jp/

伝説の苺のミルフィーユが復活!

こんにちは。
本日は「おいしい」パイのお話です。

最近、パイに関する記事を読んでいると、ふと気になるパイニュースを見つけました。
それは、銀座の伝説のスイーツがひっそりと復活していたという記事。

その伝説のスイーツとは、「マキシム・ド・パリ」の“苺のミルフィーユ”。

「マキシム・ド・パリ」とはパリの老舗レストラン「マキシム」を再現したレストランとして、1966年に東京・銀座に開店。
本格フランス料理の先駆け的存在として人気を博し、2015年の閉店まで約50年もの間、銀座のシンボルとして君臨し続けた名店でした。

そんなお店の看板商品であった“苺のミルフィーユ”は、さくさくのパイ生地でたっぷりのカスタードクリームをはさみ、大粒のイチゴが載ったゴージャスなミルフィーユ。

2015年に「マキシム・ド・パリ」の閉店が決まった際には、“苺のミルフィーユ”を求め全日予約で埋まり、ケーキショップでも品切れが続出する等、多くのファンが殺到。

閉店から2年が経った今でもインターネット上で復活を望む声が多く、今でも多くの人にとって忘れられない味として記憶に残るスイーツです。

今回、そんな伝説のスイーツを復活させたのは、GINZASIX内の店舗「THE GRAND GINZA」。

「THE GRAND GINZA」では銀座の価値ある 文化を紡ぎ発信していくことを使命に「復活メニュー」を企画。
絶大な人気を誇った逸品“苺のミルフィーユ”に狙いをつけ、2017年の9月上旬に伝説のミルフィーユを復活させました。

再現するにあたって「マキシム・ド・パリ」の初代パティシエである植村シェフも、この企画に賛同しレシピを全て公開。

実際の作り方から口金のサイズに至るまで事細かに指導し、2017年6月から販売開始間際の9月までかかりようやく当時の味に限りなく近い「苺のミルフィーユ」が完成したのだそうです。

そんな、当時の味を忠実に再現した伝説のミルフィーユのお味は、ナッツの香りを纏ったサクサクのパイ生地と甘すぎないカスタードクリーム、そして苺の美味しさが一体となって口に広がり、セットのシャンパンとの相性も抜群な上品さを感じるミルフィーユ。
銀座のケーキの王様と呼んでも過言ではない逸品です。

販売開始のニュースを聞きつけ、早くも多くのファンが“苺のミルフィーユ”を求めてやってきており、「これが食べたかった!」「待っていました」など喜びの言葉が多く、今後はテイクアウトも視野に入れながら、展開するとのこと。

ぜひ皆さまも銀座を訪れたときには、「THE GRAND GINZA」で銀座の伝説のスイーツを堪能してみてはいかがでしょうか。

<商品情報>
「苺のミルフィーユ」
価格:単品 1,200円
ドリンクセット 2,000円
シャンパンセット 2,500円
(税・サービス料別)

<店舗情報>

店名    :THE GRAND GINZA
所在地   :〒104-0061東京都中央区銀座六丁目10番1号GINZA SIX13階
電話番号 :03-6280-6129
営業時間 :11:00~23:30(L.O 22:30)
事業内容 :レストラン・ウェディング・パーティー・MICE
HP :http://www.grandginza.com/
Instagram :@the_grand_ginza
https://www.instagram.com/the_grand_ginza/

 

もはやアート!美しく華やかなパイ

こんにちは!
今回は簡単なパイのお話。
芸術の秋にピッタリな「パイアート」をご紹介です。

パイアートとは、パイ生地を切って編みこんだり型抜きしたものをパイに可愛らしく飾りつけたもの。
ワンパターンになってしまいがちなパイに、ひと手間加えるだけで豪華な見た目のパイができるんです。

「パイアート」というと手が込んでいて難しそうに見えますが、意外と簡単!
作り方としてはまず、アップルパイやかぼちゃパイ、ミートパイ等の土台となるパイを作ります。
そこに、パイアートの要となる飾りを作ってのせて焼くだけで完成です。

パイアートはアレンジ無限大!
だから自分だけのオリジナリティ溢れる芸術的なパイを作ることができます。
ここではいくつかのアレンジをご紹介します。

まずは最も簡単にできるクッキーの抜き型を使ったアレンジ。
実はクッキーの抜き型がパイアートには大活躍なんです!
そのアレンジ方法とは、パイ生地をクッキーの抜き型で花や葉っぱの形に抜いて飾るだけ。
たったそれだけで、華やかな雰囲気をパイを演出することができます。

もし、クッキーの抜き型がなくても大丈夫。
細長く切ったパイ生地を三本作り、三つ編みにします。
それをパイの上に何本ものせるだけでもおしゃれな三つ編みパイが焼けますよ。

また、少し手間はかかりますが赤く色づけした薄切りリンゴをクルクルと巻いて薔薇を作り、パイで作った三つ編やリボン、葉っぱ、花で豪華に盛り付けてれば花束ような可愛らしいアップルパイも作れちゃいます。
プレゼントにもぴったりなパイアートの出来上がりです!

難しそうなのに意外と簡単に作ることができる、パイアート。
休日などにご家族や友人と一緒に作ってみるのも楽しいかもしれませんね。
ぜひ、一度挑戦してみてはいかがでしょうか!