みんなが集まるパイのお店

こんにちは!

今日は東京 自由が丘にあるアットホームなパイ専門店をご紹介します。
bon1

お店は、2009年4月24日に開店した「ボン・モマン」
ボン・モマンは「友達や家族や親戚…etc、皆が集まって過ごすかけがえのない楽しいひと時」を表現する言葉だそうです。

オーナーの古井さんが小さい頃から食べていた、お母様が作る「アップルパイ」を看板商品として、たくさんの種類のパイを楽しむことができる、素敵な想いの詰まったお店です!
bon3

メニューは常時6~7種類(テイクアウト&イートイン)を用意。季節に応じて入れ替わるイートイン限定メニューは、オーダーが入ってから焼き上げるアツアツのパイをカスタードクリームかレアチーズクリームのディップに付けて食べるスタイルです。

今は夏限定の「パッションマンゴーパイ」を味わうことができます。
マンゴーのスイーツは甘いものが多い中、ボン・モマンのパイは酸味のあるパッションフルーツのメレンゲが、マンゴーの甘さをキリっと引き締める絶妙の組み合わせのパイとなっています。

また、おかず系のパイも豊富です。その中でも気になる存在が…ショウガミートパイ。ショウガミートパイはショウガ風味のお肉がたっぷり詰まったオリジナルのミートパイなのです。

常連客の多い中、自由が丘というお洒落な街でショッピングを楽しんだマダムも集うお店。
テラス席もあって、テラスにはペットも連れて行くことができます。ワンちゃん用のお菓子もあるので愛犬と一緒に食事やカフェタイムを楽しむことができますね♪
また、お店の方がパイについて気さくに説明して下さるのも魅力の一つ!
ぜひ自由が丘へお出かけの際は、ボン・モマンへ!パイの事もっと詳しくなるはずです。

お近くにお住まいでない方は通販ができます!ぜひご覧ください。
http://www.rakuten.co.jp/bonsmoments/

ボン・モマン
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-15-10 A&Dハウス102
TEL 03-6459-5315
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜(祝日の場合は営業、翌平日が休業)
http://www.pie-cafe.com/

あなたにとってパイとは vol.002

「あなたにとってのパイとは?」

今回は、東京のOさんをご紹介します。

Oさんにとってパイとは…
「特別な日に食べたり、人にプレゼントしたいもの」

osan

パイの存在が、あなたや周りの人を笑顔にする、これって素敵なことですね。

パイはやっぱり特別感のあるものですが、決して難しいものでなはいのです。
「パイはかんたん、美味しい、楽しい。」

みなさんにパイのことをもっと知ってもらうと、きっと次にパイを食べるときはより美味しく感じてもらえる。

そうなるように、パイの事たくさん発信してゆきます!

またPie Possibility ProjectのFacebookページでは、大切な人に送りたくなるパイのお店もご紹介していきます。
アイデア集めにチェックしてみてくださいね。
https://www.facebook.com/Pie.Possibility.Project

世界のパイ vol.001

パイは海外で「母の味」として親しまれていて、とても身近な存在となっています。

なかでもアメリカでは「最も代表的なデザートはアップルパイ」とされ、「アップルパイのようにアメリカ的だ(as American as apple pie)」という表現もあります。

そんな海外のパイをここでご紹介していきたいと思います。

第1回目はアメリカのパイ!

先ほども書いた通り、アメリカでのパイと言えばアップルパイです。

applepie

食用のリンゴはアメリカに自生していた果物ではなく、ヨーロッパからの移民が17世紀にもたらした果実。この頃にリンゴの種を蒔いて育て、収穫したリンゴでアップルパイを作ったことが始まりだそうです。
こうしてリンゴは、リンゴ酒となったり、ジャムなどの保存食にもなったり、開拓時代に貴重な食べ物として広まり、アメリカの代表的果物となりました。

そんなアメリカンなパイが味わえるお店が日本にもあります!

Bubby’s
こだわりのリンゴがふんだんに使われています♪
bubby's

MATSUNOSUKE NY
こちらでは、アメリカでアップルパイに次いで人気のあるチェリーパイも味わえます♪
cherry

 

みなさんもぜひアメリカの味を!