星を見上げるパイ

コラム・日記

皆さん、こんにちは。
今回は「おもしろい」パイのお話。
日本ではあまり見ることができない珍しいパイのご紹介です。

皆さん、『スターゲイジー・パイ』という料理があることをご存知ですか?

星(Star)を眺める(gaze)というロマンチックな名前がついたパイは、魚をパイ生地で包んで焼いた、イギリス・コーンウォールのマウゼル村発祥の伝統料理。

パイ生地から魚の頭や尻尾が突き出しているのが主な特徴で、インパクト大のびっくりするような見た目ですね!
魚が頭を突き出して星空を見上げているように見えることから、この名前がつけられたそうです。

スターゲイジー・パイの歴史は古く、16世紀にまで遡ります。
ある寒い冬、嵐で風が吹き荒れ、魚を重要な食料源としていたマウゼル村の人たちは、漁船を港から出すことができない日が続き飢餓に直面していました。

クリスマス前の12月23日、漁師のトム・バーコックスは勇敢にも嵐に立ち向かうことを決心し、漁に出たのです。
激しい嵐にもかかわらず、彼は村人全員に行き渡る程の魚を捕えることに成功しました。
トム・バーコックスの勇士に感謝した村人は、「捕らえた魚が入っていることが分かるように」と魚の頭を出してパイに入れ、振舞ったのです。

このパイは、トム・バーコックの英雄的な行為を称えるトム・バーコックス・イヴ祭が開催される12月23日に食べることになっています。

衝撃的な見た目とは裏腹に、サクサクのパイと柔らかな魚の身がマッチし非常に美味しいそうです。
世界には興味深いパイがたくさんありますね。
一度作ってみてはいかがでしょうか。