歴史が深いお店のパイ

コラム・日記

神戸は洋菓子の街。

歴史の深いお店がたくさんあり、美味しい洋菓子で街は溢れています。
お店の前を通る時に漂うお菓子を焼いている時の香り、お店の袋を持って歩く人々。
そんな情景の中にいると、神戸で洋菓子を買わずには帰れません。

今日は神戸にある老舗の中から1924年、フロインドリーブ氏が開業した「フロインドリーブ」をご紹介します。フロインドリーブはドイツパンと菓子の老舗。

フロインドリーブの代表的なパイ菓子「ミミ」。
ミミはドイツの伝統的なパイ菓子で、縁起がいいとされる豚の耳をモチーフにしたパイ。
fro1

厚みのあるこのパイは食べ応えがあり、芳醇で薫り高く独特な甘さはやみつきに!

ミミの中でも一番大きい「大ミミ」は手のひらをはみ出そうなくらいの大きさで、食べ終わったらパイを存分に味わえた満足感で満たされます。

大ミミ、中ミミ、小ミミとあり、お持たせにもぴったりです。
(大ミミは、プレーン・ゴマ・チョコの3種)

神戸にお出かけの際はぜひこの歴史あるパイを味わってください。

店舗情報
フロインドリーブ生田店
〒651-0092 神戸市中央区生田町4-6-15
TEL 078-231-6051
営業時間 10時~19時
http://freundlieb.jp/