世界のパイ vol.005

コラム・日記

イタリアには美味しいもので溢れているイメージがあります。

そんな美食文化が発展しているイタリアの伝統パイ菓子は、つい最近日本のテレビ番組でも取り上げられ、インターネット上の検索ワードでも急上昇しました。

そのパイ菓子の名前は「sfogliatella(スフォリアテッラ)」

今回の世界のパイシリーズではこのイタリアのパイ菓子を紹介します!

スフォリアテッラはナポリ地方の名物焼き菓子で、アマルフィ地方の修道院が発祥であると言われています。その名称はイタリア語で「ひだを何枚も重ねた」とうい意味をもつそうです。

sfo3

何とも繊細な見た目!この幾重にも重ねられた層を頬張る瞬間のパイの音や食感、味を想像するといち早く試したくなります。

この貝殻のような見た目の生地の中に、リコッタチーズやカスタードクリーム、ドライフルーツなどを入れて焼きあげます。
生地にはバターではなくラードを使っているので、よりパリパリ感を味わえ、脂肪分控え目なのがうれしいところですね。

sfo1

イタリアには専門店がたくさんあって、たくさんの人が集います。

イタリアでは大人気のお菓子「スフォリアテッラ」、日本ではまだあまり馴染みがありませんが、食べられるお店があります!その中でも特にパイ倶楽部がお勧めしたいお店をご紹介します。

坂利太(サリータ)2015年7月21日OPEN
兵庫県赤穂市坂越2083
TEL 0791-48-8658
営業時間 10時~17時/休み:毎週火曜日、第1水曜日、第3月曜日
https://www.facebook.com/salitaaragosta

こちらのお店では「スフォリアテッラ」の他に、ナポリで同じく有名な「アラゴスタ(伊勢海老の尾という意味)」を味わうことも出来ます。

sfo4

ナポリの伝統パイ菓子、今後日本でも流行しそうな予感です!
みんなが食べる前にぜひ味わっていち早く情報をゲットしてみて下さい。