世界のパイ vol.001

コラム・日記

パイは海外で「母の味」として親しまれていて、とても身近な存在となっています。

なかでもアメリカでは「最も代表的なデザートはアップルパイ」とされ、「アップルパイのようにアメリカ的だ(as American as apple pie)」という表現もあります。

そんな海外のパイをここでご紹介していきたいと思います。

第1回目はアメリカのパイ!

先ほども書いた通り、アメリカでのパイと言えばアップルパイです。

applepie

食用のリンゴはアメリカに自生していた果物ではなく、ヨーロッパからの移民が17世紀にもたらした果実。この頃にリンゴの種を蒔いて育て、収穫したリンゴでアップルパイを作ったことが始まりだそうです。
こうしてリンゴは、リンゴ酒となったり、ジャムなどの保存食にもなったり、開拓時代に貴重な食べ物として広まり、アメリカの代表的果物となりました。

そんなアメリカンなパイが味わえるお店が日本にもあります!

Bubby’s
こだわりのリンゴがふんだんに使われています♪
bubby's

MATSUNOSUKE NY
こちらでは、アメリカでアップルパイに次いで人気のあるチェリーパイも味わえます♪
cherry

 

みなさんもぜひアメリカの味を!